「市民」

© 2021 Menuetto/ One For The Road/ Les Films du Fleuve/ Mobra Films

弱き者、汝の名は女。立ち上がれ、行方不明の娘のために


監督:テオドラ・アナ・ミハイ
制作:ベルギー/ルーマニア/メキシコ
第34回東京国際映画祭コンペティション部門参加
公式サイト:https://2021.tiff-jp.net/ja/lineup/film/3401CMP09

 【ストーリー】
北部メキシコの小さな町に住むシエロは、忍従の妻だ。夫は愛人にうつつを抜かし、ほとんど家に戻らない。唯一の楽しみが、美しく育った娘の行末。今日も優しいボーイフレンドとデートに出かける。ところが、夜になっても娘は帰って来ない。恋人に連絡すると、デートの約束もしていなかった。一体娘はどこへ? そこへ身代金を要求する男が現れる。愛する娘は誘拐されたのだった。娘を返して欲しい一心で取引に応じたが、娘は解放されない。夫が出した身代金は要求額を下回っていたのだ。残りをすぐに払い、さらに要求された分を払っても、娘は戻ってこなかった。警察に訴えても、あまりに誘拐や行方不明者が多すぎて取り合ってくれない。シエロはたった独り、必死で娘の行方を追い始める。

【あらすじ】
今、メキシコでは1日10人以上の女性が「女性であること」を理由に殺されており、こうした「フェミサイド」をめぐりデモが繰り返されているという。デモの主な参加者は、自分の娘を殺されたり誘拐されたりした母親だ。
映画では、犯人たちの無法ぶりだけだでなく、町のとりまとめ役さえも誘拐犯の一味であったり、犯人と思しき者たちを人権無視で「処刑」する武装組織も出現したりで、この国で「普通」に生きることが、どんなに大変か、映画を観ているだけで恐ろしくなる。
この物語は、一方でそうした悪のはびこる社会を描きつつ、本当のテーマは「夫に従うだけだった妻が、ついに立ち上がり、自分の意見を言って行動する姿」だ。愛人を作られても罵声を浴びせられても耐え忍んでいたシエロが、自分の娘さえも守れなかった夫の不甲斐なさを目の前にして、自分の弱さと決別し、自分の足で歩き出す物語である。

【初出:Wife398号 2022年2月。「女性が『境界』を越えるとき」から抽出し、、加筆の上公開 文/仲野マリ

 

「ヴェラは海の夢を見る」

「箱」

関連記事

  1. 「ラヴレース」

    「イヤ」と言えないすべての女性に~今語られる「ディープスロート」の真実~…

  2. 「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」

    「檻」に入れられた人間の尊厳 監督:ニキ・カーロ原作:ダイアン・アッカーマン配給:ファン…

  3. 「名もなき生涯」

    農夫の良心を踏みにじるのはナチか?隣人の同調圧力か?監督・脚本:テレンス・マリック配給:ウォ…

  4. 「スノーデン」

    愛国者はなぜ国を弾劾したのか監督:オリバー・ストーン公開:1月27日(金)よりTOHOシネマ…

  5. 「スターリンの葬送狂騒曲」

    あなたは究極の“忖度”が生んだ恐怖政治を、笑い飛ばせるか?監督:アーマンド・イヌイッチ配給・…

  6. 「リチャード・ジュエル」

    英雄が実は爆弾犯人? 容疑をはらす原動力は男の正義感監督/脚本:クリント・イーストウッド  …

  7. 「タリ―と私の秘密の時間」

    ワンオペ育児の救世主は不思議なベビーシッター監督:ジェイソン・ライトマン脚本:ディアブロ・コ…

  8. 「ラスト・ナイツ」

    「忠臣蔵」に人類共通の騎士魂を見る監督:紀里谷和明配給:KIRIYA PICTURES/…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の映画レビュー

PAGE TOP