menu

「異人たち」

©️2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

孤独な人間の魂がさまよう逢魔が時


原作:山田太一「異人たちとの夏」
監督:アンドリュー・ヘイ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公開:2024年4月19日より公開
公式サイト:https://www.searchlightpictures.jp/movies/allofusstrangers
第81回ゴールデングローブ賞主演男優賞(アンドリュー・スコット)ノミネート
英国インディペンデント映画賞 作品賞ほか最多7部門受賞

【ストーリー】
40歳の脚本家アダムのもとへ、ある夜、同じマンションに住むという青年ハリーが訪ねてきた。「一緒に飲まないか」と誘われるが、アダムは言下に断る。しかし再びハリーがやってきた時、アダムは彼と一夜を共にする。心境の変化には理由があった。故郷を訪ねたところ、不思議なことに幼い頃死んだはずの両親がいたのだ。成人した自分をそのまま受け入れる両親との時間が、孤独なアダムの心を溶かしていく。しかし母親は、息子のカミングアウトを受け入れられなかった。

【みどころ】
山田太一の小説で、1988年には映画にもなった「異人たちの夏」の海外版である。死んだ親が、死んでいることを自覚しつつ成人した息子とひと時を過ごす話だが、徹底的に説明を排しており、観客はこれが現実か、それとも幻想か、アダムさながらにその境を踏み越えてすべてを受け入れていく。
原作と異なる点が2つ。1つは、アダムと恋仲になるのが女性ではない点だ。これがアダムの抱える孤独の要因としてうまく機能している。またラストも解釈が異なるが、アダムの魂の再生が感じられ、悲しい結末の中にも救いがあってじんわりと胸に響く。
海外映画化の話は他に早くからあったが、条件等で流れ実現しなかったという。時間は掛かったが、この作品であれば山田氏も納得だろう。氏は逝去前、脚本に目を通し、完成した映像も見ているそうだ。

「ゴジラ−1.0」

「エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命」

関連記事

  1. 「ライ麦畑で出会ったら」

    サリンジャーに会いに行く! いじめられっ子一世一代の大冒険監督:ジェーム…

  2. 「イヴ・サンローラン」

    天才が繰り出す革新的ファッションの光と影監督:ジャリル・レスペール脚…

  3. 「エリック・クラプトン―12小節の人生―」

    赤裸々告白とアーカイブ映像で綴る、ロック&ブルースの決定版クロニクル監督…

  4. 「愛して飲んで歌って」

    3組の夫婦と1人の男が織りなす熟年恋愛の寓話監督:アラン・レネ原…

  5. 「洞窟」

    その穴はどこまで続く?パソコンもGPSもない時代の「科学」と「冒険」…

  6. 「早春」デジタルリマスター版

    復活 鮮烈な映像とロックではじける美少年のエロスと絶望!監督:イエジ―・…

  7. 「女王陛下のお気に入り」

    禁断と奔放、イングランド大奥の宮廷バトル昼と夜 監督:ヨルゴス・ランティ…

  8. 「ハンガーゲーム FINAL レジスタンス」

    近未来のジャンヌ・ダルク、ガレキの上に立つ監督:フランシス・ローレンス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP