「ワタシの中の彼女」

©️T-artist

コロナ禍で求めたのは、ほんのささやかな幸せだった

 

監督・脚本:中村真夕
製作・配給:ティー・アーティスト
公開:11月26日(土)よりユーロスペースほかにて全国順次ロードショー
公式サイト:watakano4.com

【構成とみどころ】

コロナ禍で人と人とのふれあい・つながりが希薄になる中で、人間は誰に何を求めているのか。生きづらさを抱えた孤独な人々に焦点を当て、淡々とした日常に潜む落とし穴を描くオムニバス映画である。

第一話『4人のあいだで』
夜の公園で同窓会かと思いきや、実はそれぞれが異なる場所からのリモート会であるところが今どきの設定だ。親しいようで孤独であり、オープンなようで秘密がある関係がリアル。

第二話『ワタシを見ている誰か』
Uberを使う人と届ける人に生じる関係を描いている。立場の逆転がスリリング。

第三話『ゴーストさん』
コロナ禍によって生計を立てるのが困難になった人たちが交差する。2020年11月、路上生活者の女性が殴られ死亡した実際の事件にインスパイアされて製作されたもの。

第四話『だましてください、やさしいことばで』
オレオレ詐欺に始まって、人の親切心や人情につけこんだ犯罪は手を変え品を変え頻発し、とどまるところを知らない。大きな詐欺グループの中で、受け子となる人間だけが、被害者と顔を合わせる。その接点から生まれる感情をすくいとる小品。

【初出:Wife401号 2022年11月、加筆の上公開 文/仲野マリ

「宮松と山下」

関連記事

  1. 「泣き虫しょったんの奇跡」

    35歳の“秀才”が見据える将棋盤の向こうに続く道監督:豊田利晃  配給:東京…

  2. 「駆込み女と駆出し男」

    たくましき江戸の女たちが縁切寺に賭ける第二の人生監督:原田眞人配給:松竹封切 :5月16…

  3. 「大河への道」

    なぜ伊能忠敬は、大河ドラマの主人公にならないのか原作:立川志の輔(河出文庫刊…

  4. 「探偵はBARにいる3」

    コメディ&ハードボイルドで綴る、或る女の壮絶人生監督:吉田照幸配給:東映公開:2017年…

  5. 空母いぶき

    攻めるか、守るか? 国を愛する誇り高き自衛官の決断【監督】若松節朗【原作・監修】かわぐちかい…

  6. 「島守の塔」

    沖縄戦前夜、県知事を引き受けた島田叡が今も愛される理由 監督・脚本:五十嵐匠脚本:柏…

  7. 「坂道のアポロン」

    鍵盤とドラムがつないだ孤独を分け合う“魂の双子”監督:三木孝浩配給:東宝=アスミック・エース…

  8. 「宮松と山下」

    エキストラの男が選んだ「ほんとうの自分」 監督・脚本・編集:関友太郎 平瀬謙太朗  佐藤…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の映画レビュー

PAGE TOP