menu

「椿の庭」

©️2020 ”A Garden of Camellias” Film Partners

彼女が守りたかったのは、庭か、家族か、思い出か


監督・脚本・撮影:上田義彦

配給:ビターズ・エンド
公開:2021年4月9日(金)よりシネスイッチ銀座ほか、全国順次公開
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/tsubaki/

【あらすじ】
葉山の海を見下ろす坂の上。古民家を移築した瀟洒な一軒家に、手入れの行き届いた広い庭。四季折々草木が花をつける。この家に暮らす美しき老婦人・絹子(富司純子)にとって、庭は人生のすべてだ。しかし長年連れ添った夫の死が、全てを変える。土地家屋の相続税問題によって、亡き長女の忘れ形見である孫娘の渚(シム・ウンギョン)との同居生活は脅かされることとなった。娘の陶子(鈴木京香)は、渚ともども自分の家で同居しようと勧めるけれど、絹子はなかなかウンと言わない。ついに「この家と庭を愛し使ってくれる人になら」と売却を決めた時、彼女の「決意」はその先をも見据えていた。

【みどころ】
相続問題ほど、家族の形を浮き彫りにするトピックはない。「うちの親戚は世界一仲がいい」と思っていたのに、一目置かれていたビッグママやビッグダディがいなくなった途端、次から次へと本音が飛び出し、骨肉の争いが始まる。「いい人たち」と思っていたおじさんやおばさんの、あるいは兄弟姉妹の、思ってもいなかった豹変ぶりに衝撃を受けた人は、少なくないのではないだろうか。
「椿の庭」は、静かな映画である。争いはない。皆、自分以外の人の気持ちを思いやって申し入れ、行動する。しかし、それは「心からそう思っている」のだろうか。そこが、この映画の恐ろしいところである。
絹子は無口で、黙々と庭の雑草をむしり、枯れ葉を掃く。「私の生活ルーティーンは誰にも侵されない」という決意には揺るぎがない。亡き夫との思い出を守りたい一心でもあるだろう。
娘の陶子や孫の渚には別の思惑がある。それまでこの家に何の執着もなかったように思えた陶子が、古い籐椅子に座った時に見せる表情は忘れ難い。誰にでも、「自分が育った場所」を手放す痛みはある。
かたや、渚にとっての「家」とは何だったのか。不意に飛び込んでくるラストシーンが、渚の決断と、それをもたらした家族の歴史が胸に刺さる。(文/仲野マリ

 

 

「羊飼いと風船」

「海辺の家族たち」

関連記事

  1. 「望み」

    加害者か被害者か? そのとき親が祈ることは監督:堤幸彦原作:「望み」…

  2. 「花筐/HANAGATAMI」

    極彩色の思い出を、形見の花かごに乗せて監督:大林宣彦脚本:大林宣彦/…

  3. 「水曜が消えた」

    火曜日しか生きられない男が知った「水曜日は蜜の味」 監督・脚本・VFX:…

  4. 「blank13」

    失踪13年。息子の知らない親の顔〜斎藤工が長編映画監督に初挑戦〜監督…

  5. 「海辺の映画館 キネマの玉手箱」

    大林宜彦、82 歳の反戦映像レボリューション監督:大林宣…

  6. 「大河への道」

    なぜ伊能忠敬は、大河ドラマの主人公にならないのか原作…

  7. 「坂道のアポロン」

    鍵盤とドラムがつないだ孤独を分け合う“魂の双子”監督:三木孝浩配給:…

  8. 「ビブリア古書堂の事件手帖」

    一冊の本と鎌倉の街がうつしだす 50年前の叶わぬ恋…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP