menu

「名もなき生涯」

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

農夫の良心を踏みにじるのはナチか?隣人の同調圧力か?

監督・脚本:テレンス・マリック
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公開:2月21日(金)より全国公開
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/namonaki-shogai/

【ストーリー】
オーストリアの農夫フランツ(アウグスト・ディール)は、美しい天空の村で日々農業に勤しんでいた。家族は愛妻ファニ(ヴァレリー・パフナー)と、3人の幼い娘たち。だが祖国はナチスドイツに併合され、やがてフランツにもドイツ軍の召集令状が届く。軍事訓練には応召したフランツだったが、ナチ占領下、ドイツ軍の一員として戦地に赴くことに疑問をもち、「罪のない人を殺すために兵士にはなれない」と良心的兵役拒否を宣言する。困った町の顔役らが次々にフランツを説得に訪れる。それでも決意はゆるがない。追い詰められていくのはフランツだけではない。ファニや娘たちも村八分状態になり、戦時下の暮らしは一気に困窮していく。

【みどころ】
これは実話である。「人を殺したくない」ただそれだけを叶えるのが、こんなに難しいのはなぜだろう。事は軍隊の強制力のみにとどまらない。代わる代わる隣人がやってきて「行かないのはお前だけだ」「親戚も肩身が狭い。自分勝手はやめろ」「お前一人で世界を変えられると思っているのか?」と意見される。「敵より始末に終えない裏切り者」と後ろ指を指す隣人たちの、じわじわと強まる同調圧力には震撼とする。もしあなたの夫が、兄が、父が、友が、「兵役を拒否する」と言ったらあなたはどうするだろう。戦前の日本でも「良心的兵役拒否」は認められず、単なる兵役逃れとして重罪に処せられ、家族への影響も大きかった。フランツの折れない心にも驚嘆するが、夫が選んだ道を支えようとする妻ファニの、神に祈り黙々と農作業をこなす強靭な精神にも感服する。今なぜこの夫婦の生涯が取り上げられるのか、その意味をじっくりと考えたい。

【文/仲野マリ】(初出:「Wife390号」に加筆修正)

「ジョジョ・ラビット」

「海辺の映画館 キネマの玉手箱」

関連記事

  1. 「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救…

    ヘンクツ政治家が信念を貫いた、底力の源はどこに?監督:ジョー・ライト…

  2. 「ナチス第三の男」

    大物を殺せば戦争は終わる? 緊迫の暗殺とさらなる悲劇監督:セ…

  3. 「箱」

    使う側になるか使われる側になるか? 少年が見たそれぞれの地獄監督:ロ…

  4. 『ロープ/戦場の生命線』

    それでも明日を信じてる! バルカン内戦戦後処理の矛盾に背を向けない人々の底力…

  5. 「めぐりあう日々」

    まだ見ぬ親へのあこがれと現実監督:ウニー・ルコント配給:クレスト・イ…

  6. 「ハンガーゲーム FINAL レジスタンス」

    近未来のジャンヌ・ダルク、ガレキの上に立つ監督:フランシス・ローレンス…

  7. 「タリ―と私の秘密の時間」

    ワンオペ育児の救世主は不思議なベビーシッター監督:ジェイソン・ライトマン…

  8. 「ベネシアフレニア」

    エッジーな狂気と笑いで描くヴェネチア観光案内〜バチェロッテパーティーの夜…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP