「愛して飲んで歌って」

Ⓒ2013 F COMME FILM – FRANCE 2 CINÉMA – SOLIVAGUS

3組の夫婦と1人の男が織りなす熟年恋愛の寓話

監督:アラン・レネ
原案戯曲:アラン・エイクボーン「Life 0f Riley」(お気楽な生活) 
配給:クレストインターナショナル 
封切 :2月14日(土)岩波ホールほか全国順次ロードショー
公式サイト :http://crest-inter.co.jp/aishite/

【ストーリー】
とある春の日。医師のコリンとその妻カトリーヌ(サビーヌ・アゼマ)は、素人芝居に出るべく夫婦で稽古に余念がない。そこへ、友人ジョルジュの余命がいくばくもないという連絡が入る。「医師の守秘義務」をかたくなに守ろうとするマジメ人間コリンに対し、おしゃべりおばさんのカトリーヌはすぐさまタマラ(カロリーヌ・シオル)に電話。タマラの夫・ジャックはジョルジュの大親友だったのだ。ジャックはひどく嘆き、最近ジョルジュと離婚した元妻モニカに会いに行く。元夫ジャックと最期の時を、一緒に過ごしてもらいたいと懇願するためだ。しかしモニカは、すでに農夫シメオンとの新生活に入っていた。一方カトリーヌは、ジョルジュを芝居に引っ張り出すことを提案する。「ジョルジュを励まし、生きる希望を与えたい!」芝居の中でラブシーンを演じるジョルジュとタマラは何やらいいカンジ。今までタマラを顧みず浮気ばかりしてきたジャックにも、妻の変化がどうにも気になり始めてくる。そこにカトリーヌとジョルジュとの「過去」が明るみに! リッチな浮気男ジャック、KYなマジメ一辺倒男コリン、恋多き女モニカ、良妻賢母に命をかけてきた女タマラ、自己チュー女カトリーヌ、自己チュー男ジョルジュ。そして新婚なのに妻と引き離されそうになる男!  春夏秋冬を穏やかに暮らしていた3組の夫婦の暮らしが、思いがけずやってきたつむじ風に翻弄される。

【みどころ】
2014年3月、 名監督アラン・レネ氏が91歳で死去した。「去年マリエンバードで」など、難解な作風でも知られるが、その一方で軽妙なユーモアやエスプリが大好きだった。そんな彼がこよなく愛したのが、イギリスの演劇作家アラン・エイクボーン。この「愛して飲んで歌って」は、そのエイクボーンの「お気楽な生活」を原作にしている。 カトリーヌ役のサビーヌ・アゼマは、レネ監督の妻。戯曲を原作としているせいか、書割にブルッチのバンド・デシネ(漫画)を用い、室内も家の庭も、敢えて「つくりもの」感を強調。それによって熟年夫婦のやりとりは「いつ、どこで、誰が」がずんずんそぎ落とされていく。エッセンスがとぎすまされた結果、大人の恋のドロドロやえぐみは消えて、ある種大人のおとぎ話のように微笑ましい寓話になった。それでもリアルさが保たれているのは、良妻賢母を演じてきたタマラが老いらくの恋に自分を解放していくさまが、大きなエネルギーを生み出しているからではないだろうか。3組の夫婦が最後におさまるところはどこなのか。そのとき、3人の女友達の友情はどうなるのか。ちょっと惜しいような、でもほっとするような、味わいのあるラストに味わいがある。

【初出・Wife370号 2015年2月 文/仲野マリ(「仲野マリの気ままにシネマナビonline」のために加筆修正)】

「女神は二度微笑む」

「セルフメイド」

関連記事

  1. 「箱」

    使う側になるか使われる側になるか? 少年が見たそれぞれの地獄監督:ロレンス・ビガス制作:…

  2. 『ロープ/戦場の生命線』

    それでも明日を信じてる! バルカン内戦戦後処理の矛盾に背を向けない人々の底力監督:フェルナン…

  3. 「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」

    ヘンクツ政治家が信念を貫いた、底力の源はどこに?監督:ジョー・ライト 配給:ビターズ・エンド…

  4. 「馬々と人間」

    アイスランド馬との共生で知る、生と死と恋の手ざわり監督:ベネディクト・エルリングソン製作:フ…

  5. 「her/世界でひとつの彼女」

    「あなた好み」ならバーチャルでもかまわない!?監督: スパイク・ジョーンズ配給: アスミック…

  6. 「君の名前で僕を呼んで」

    避暑地の夏、本当の恋を見つけた息子へ監督:ルカ・グァダニーノ 配給: ファントム・フィルム…

  7. 「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」

    心を病んだ天才ミュージシャンの20年後監督ビル・ポーラッド配給:KADOKAWA封切…

  8. 「ラヴレース」

    「イヤ」と言えないすべての女性に~今語られる「ディープスロート」の真実~…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の映画レビュー

PAGE TOP