「女神は二度微笑む」

祭の中、誰も予想しえなかったラストに息をのむ! 「歌なし、踊りなし、それでもインド」なエキゾチック・サスペンス

祭の中、誰も予想しえなかったラストに息をのむエキゾチック・サスペンス

監督:スジョイ・ゴーシュ
配給:ブロードウェイ/配給協力:コピアポア・フィルム
封切 :2月21日(土)ユーロスペースほか全国順次公開
公式サイト :http://megami-movie.com/cast.html

【ストーリー】
コルカタの国際空港に、美しき妊婦ヴィディヤ(ヴィディヤー・バーラン)が降り立った。はるばるロンドンからやってきた彼女の目的は、1ヵ月前に行方不明になった夫のアルナブを捜すこと。ところが宿泊先にも勤務先にも夫がいたことを証明する記録は一切なく、ヴィディヤは途方に暮れてしまう。そこに、夫と瓜ふたつの風貌を持つミラン・ダムジという人物の存在が浮上。はたして夫アルナブはミランと同一人物なのか、それとも、無関係なのか。少々頼りなくも誠実な警察官・ラナの協力を得て、ヴィディヤはミランの謎に近づこうと試みる。しかしコンタクトをとった協力者は次々と殺害され、ヴィディヤ自身にも危険は迫る。彼女は2年前の無差別テロで未解決の国家的犯罪の闇に巻き込まれてしまったのだ。

【みどころ】
主人公ヴィディヤを演じるヴィディヤー・バーランの黒い瞳に冒頭からぐんぐんと吸い込まれる。テンポよい展開、謎が謎を呼び飽きることがない。また現代を生きる女性が感情移入できる描き方にもなっている。ヴィディヤとアルナブはロンドン在住の新婚夫婦でともにインド人。二人ともITに強く、夫は妊婦をおいてのインド出張を躊躇するが、キャリアウーマンの妻は「そんなこと言わないでちゃんと仕事しておいで!」と明るく送り出していた。そんな最愛の夫が行方不明になったのだ。自力で探すべく、強い意志と知性で謎を解いていくヴィディアとともに、私たちもインドの町の奥深くまで潜りこんでいくのだが、思わず息をのむラストは本当に圧巻。これまでの伏線が走馬灯のように流れ、次の瞬間、ああ、なるほど~、とぐるぐるに巻かれた縄がすべてほどける。クライマックスにインドの祭りやサリーがうまく活用され、エキゾチックな光景や沸き立つ音楽でさらに気分が高揚する。「ハリウッドも認めた…」と、普遍的ドラマをうたい文句にしている一方、地域性をきっちり組み込んでいるところはさすが。インド映画というと、「歌あり踊りあり、3時間は当たり前の長編」で、「少し冗長だけど喜怒哀楽がはじけて最後はハッピー」という印象が強いが、今回は歌も踊りもなく、時間も123分とコンパクト。その2時間の中に凝縮された無駄のないストーリー運びには舌を巻く。強烈な地域性こそが強みだったが、加えてスタンダードな物語性をついに獲得。この1作はその両者がマッチした幸せな結婚と言ってよい。

【初出:仲野マリの気ままにシネマナビonline 2015年2月10日(再録に際し加筆修正)】

「アゲイン」

「愛して飲んで歌って」

関連記事

  1. 「馬を放つ」

    遊牧民の血が騒ぐ! 「縛られない幸せ」の代償監督:アクタン・アリム・クバト 配給:ビターズエ…

  2. 「星空」

    シンメイとユージエ、「星月夜」のパズルがいざなう心の旅監督名:トム・リン配給:太秦公開:…

  3. 「ファストフード店の住人たち」

    明かりの消えない店で夢を見る  香港の“底辺”に息づく絆監督:ウォン・シンファン 配給:…

  4. 「トンネル―闇に鎖(とざ)された男」

    生存可能率ほぼゼロ!救出活動はいつまで続けるべきか監督:キム・ソンフン配給:アルバトロス…

  5. 「テロ,ライブ」

    テロリストからの電話・オールライブの舞台裏監督・脚本: キム・ビョンウ配給: ミッドシップ/…

  6. 空海―KU-KAI- 美しき王妃の謎

    唐王朝に潜む楊貴妃伝説の謎。歴史の裏の真実を若き空海が暴く【監督】チェン・カイコー 【原作】…

  7. 「タクシー運転手 約束は海を越えて」

    行かなくてはわからなかった光州事件の真実監督: チャン・フン配給: クロックワークス公開…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の映画レビュー

PAGE TOP