menu

「リチャード・ジュエル」

英雄が実は爆弾犯人? 容疑をはらす原動力は男の正義感

監督/脚本:クリント・イーストウッド  
配給:ワーナーブラザーズ
公開:2020年1月17日
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/richard-jewelljp/

【あらすじ】
1996年、警備員リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)は、コンサート中のオリンピック公園の屋外会場でベンチの下に置かれた不審なリュックを発見し、すぐに警察官に連絡する。リュックの中には無数の釘が仕込まれた爆弾があり、警察官がリュックを開けると同時に爆発が起こった。若干の死傷者が出たが、リチャードの素早い対応で被害は少なめですむ。リチャードは「爆弾第一発見者」として一躍ヒーローに。だが、FBIはリチャードのトラブルの多い過去に目を付け、重要参考人として捜査を始めた。スクープ狙いのマスコミやFBIの理不尽な仕打ちに対し、リチャードは友人ワトソン弁護士(サム・ロックウェル)に助けを求める。

【みどころ】
イーストウッド監督40本目の作品。アトランタ爆破事件の実話である。マスコミや警察の「爆弾犯扱い」の仕打ちに立ち向かうリチャードと弁護士ワトソンの奮闘ぶりが描かれている。怒りに耐えながら無実を訴え続けるリチャードたちによって、人間が裁く法律の醜態が見え、正義とは何かと問われる。
リチャードは肥満体質の巨体である。見た目のせいか周囲の人々から変人扱いされ、過去にはトラブルも多発していた。だが彼の正義感は人一倍強い。「僕が爆弾を発見して通報した。それで犯人として逮捕されるなら、もうその後からは誰も爆弾を発見しても通報しなくなるだろう。だから、僕はやっていないと言う」と述べる。自分の証言一つで正義が消失することを恐れて世間と戦うリチャード。己の信じる正義に固執する彼の人生ドラマには意外な結末が待っている。何事にも諦めることを知らないリチャードの一面を称賛したい。
当時と比べると今は完全なネット社会である。この作品のような誹謗中傷はあっという間に広がる。知らない間に自分が被害者になることはもちろん加害者にもなりうる。20年前の実話を例にして、監督は報道の怖さと共にネット社会の在り方にも警鐘を鳴らしている。

【文/星野しげみ

 

「カツベン!」

「ジョジョ・ラビット」

関連記事

  1. 「沈黙-サイレンス-」

    遠藤周作の「踏み絵」をめぐる小説をスコセッシ監督が完全映画化監督:マ…

  2. 「スワン・ソング」

    ゲイカルチャーに乾杯!~老いてなお、自分らしく生きる~監督・脚本・プ…

  3. 「リリーのすべて」

    夫が女性になっていく・・・そのとき妻は?監督:トム・フーパー配給:東…

  4. 「海辺の家族たち」

    高台に築いた見晴らしの良い家に宿るフランス版「新しき村」の理想と終焉…

  5. 「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」

    出版人が捨て切れぬ、作家になる夢監督・脚本:フィリップ・ファラルドー…

  6. 「ハンガーゲーム FINAL レジスタンス」

    近未来のジャンヌ・ダルク、ガレキの上に立つ監督:フランシス・ローレンス…

  7. 「早春」デジタルリマスター版

    復活 鮮烈な映像とロックではじける美少年のエロスと絶望!監督:イエジ―・…

  8. 「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」

    心を病んだ天才ミュージシャンの20年後監督ビル・ポーラッド配給:…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP