「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」

ⓒ2017 ZOOKEEPER'S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

「檻」に入れられた人間の尊厳 

監督:ニキ・カーロ
原作:ダイアン・アッカーマン
配給:ファントム・フィルム
公開:12月、TOHOシネマズみゆき座他にて全国公開
公式サイト:http://zookeepers-wife.jp

【ストーリー】
アントニーナ(ジェシカ・チャステイン)は、夫のヤン(マイケル・マケルハットン)とワルシャワ動物園を経営していた。欧州最大級を誇る園で、愛情深く動物たちと接するアントニーナ。しかし1939年ナチスがポーランドに侵攻、動物園も爆撃を受ける。やがてユダヤ人が狭いゲットーに押し込められ始めた時、2人は親友を地下室にかくまうことを決意。以降、動物園はユダヤ人救出の秘密中継地となる。

【みどころ】
この映画のキーワードは「檻」だ。動物園は動物を檻に入れて管理する場所だが、アントニーナやヤンは動物を子どものようにいつくしむ。しかし乗り込んできたドイツ人将校ヘック(ダニエル・ブリュール)は、動物学者として理解がありそうでいて希少動物の価値にしか目を向けない。この対比は象徴的だ。
なぜならゲットーはユダヤ人を管理する「檻」だから。生殺与奪の権利を持つナチスは人間、ユダヤ人やポーランド人は家畜同然。当時のポーランドは国全体がナチス管理下の「檻」ともいえよう。
そんな中で体制に逆らう日常は、緊張の連続だ。ヘックに秘密を悟られまいと平静を装うアントニーナの、震える小鳥のようなか弱さに胸が締めつけられる。

【初出:Wife381号 2017年11月 文/仲野マリ】

「関ヶ原」

「blank13」

関連記事

  1. 「グランドピアノ ~狙われた黒鍵~」

    諧謔と欲望の「キー」を突き止めるのは誰だ?監督:エウヘニオ・ミラ配給:ショウゲート封切:…

  2. 「名もなき生涯」

    農夫の良心を踏みにじるのはナチか?隣人の同調圧力か?監督・脚本:テレンス・マリック配給:ウォ…

  3. 「プロミスト・ランド」

    シェールガス試掘権に揺れるカントリーサイド農家の誇りと不安をえぐるマットデイモンの問題作監督…

  4. 「イヴ・サンローラン」

    天才が繰り出す革新的ファッションの光と影監督:ジャリル・レスペール脚本・脚色:マリー=ピエー…

  5. 「愛して飲んで歌って」

    3組の夫婦と1人の男が織りなす熟年恋愛の寓話監督:アラン・レネ原案戯曲:アラン・エイクボ…

  6. 「馬々と人間」

    アイスランド馬との共生で知る、生と死と恋の手ざわり監督:ベネディクト・エルリングソン製作:フ…

  7. 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」

    ベイビーファーストで一発逆転!監督:シャロン・マグアイア公開:10/29(土)より全国ロード…

  8. 「ラヴレース」

    「イヤ」と言えないすべての女性に~今語られる「ディープスロート」の真実~…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP