「プロミスト・ランド」

©2012 Focus Features LLC. All Rights Reserved

シェールガス試掘権に揺れるカントリーサイド

農家の誇りと不安をえぐるマットデイモンの問題作

監督: ガス・ヴァン・サント
脚本: ジョン・クラシンスキー、マット・デイモン 
配給: キノフィルムズ
封切: 8月22日(金)、TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショー
公式サイト: WWW.PROMISED-LAND.JP

【ストーリー】
スティーヴ・バトラー(マット・デイモン)は、大手エネルギー会社のエリート社員。シェールガス埋蔵地に赴いては農場主から採掘権を借り上げる仕事をしている。幹部からの信頼も厚く、次の担当地域・マッキンリーで成功を収めれば、さらなる昇進も確約されている。自らも農家出身のスティーヴは、農業がもたらす日銭の少なさも、田舎町が企業撤退などであっという間に衰退していくのも目の当たりにしていた。だからこそ彼が説く「あなたの土地にはシェールガスがある」「試掘を許可するだけで、子どもを大学に行かせられる」の言葉に真実味があるのだ。いつものコンビ・スー(フランシス・マクドーマンド)と乗り込み、いつものようにスーツを脱ぎ捨て、カントリーな出で立ちで町民集会に参加、「いっちょあがり」のはずだったが今回の町は違った。地元の元高校教師で実は高名な科学者でもあるフランク(ハル・ホルブルック)が「いったん試掘を始めたら、この土地は化学薬品まみれとなり、植物も動物も育たなくなる」と反論し始めたのである。さらに彼に加勢するかのように、環境活動家ダスティン(ジョン・クラシンスキー)も乗り込んでくる。必死でダスティンの汚点をつかもうとするスティーヴ。ようやく「勝ち」が見えてきたとき、スティーヴは重大な秘密を知ってしまう。

【みどころ】
過疎が進み、時代に取り残された広大な地は、洋の東西を問わずグローバル企業に目を付けられる。「夢のエネルギー」がシェールガスであれ原子力であれ、それは変わらないのだということがよくわかる話である。日本でも原発立地の「事前調査」を受け入れるだけでその自治体にカネが落ちるので、「受け入れなくてもそのカネは返さなくていい」という条件を楯に、住民を説得させようとした市長がいた。それぞれの家庭に合った「はなぐすり」を効かせ、ひとつひとつの農家をまわってしらみつぶしに籠絡していくプロセスも同じ。一方で、そうした血肉の通った折衝は末端に任せ、スカイプの向こうで「データ」だけを待っている背広組たち。舞台となる町「マッキンリー」は、アメリカのフロンティア精神の象徴のような風景を見せ、「星条旗がペイントされた古い納屋」にすべてはこめられる。民にとって国とは何か、カネとは何か、職業とは何か、幸せとは何か。スティーヴが、真面目に考え真面目に生きて、誇りを持って農家のためにその仕事をしているからこそ、私たちは深く深く「生きる意味」を考えずにはいられない。恋のさやあてあり、親子の確執あり、のエンターテイメントでありながら、今そこにある社会問題に真正面から取り組んだ、見ごたえのある作品だ。

【初出:仲野マリの気ままにシネマナビonline 2014年8月9日(再録に際し加筆修正)】

ライブシネマ「ピノキオ」

「テロ,ライブ」

関連記事

  1. 「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」

    音楽の革命児は「ロック・スター」だった!~本物のヴァイオリニストがセクシー&パワフルに熱演~…

  2. 「グランドピアノ ~狙われた黒鍵~」

    諧謔と欲望の「キー」を突き止めるのは誰だ?監督:エウヘニオ・ミラ配給:ショウゲート封切:…

  3. 「君の名前で僕を呼んで」

    避暑地の夏、本当の恋を見つけた息子へ監督:ルカ・グァダニーノ 配給: ファントム・フィルム…

  4. 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」

    ベイビーファーストで一発逆転!監督:シャロン・マグアイア公開:10/29(土)より全国ロード…

  5. 「スターリンの葬送狂騒曲」

    あなたは究極の“忖度”が生んだ恐怖政治を、笑い飛ばせるか?監督:アーマンド・イヌイッチ配給・…

  6. 「ベネシアフレニア」

    エッジーな狂気と笑いで描くヴェネチア観光案内〜バチェロッテパーティーの夜、友人は消えた監…

  7. 「女王陛下のお気に入り」

    禁断と奔放、イングランド大奥の宮廷バトル昼と夜 監督:ヨルゴス・ランティモス配給:20世紀フォッ…

  8. 「海辺の家族たち」

    高台に築いた見晴らしの良い家に宿るフランス版「新しき村」の理想と終焉監督・脚本:ロベール・ゲ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の映画レビュー

PAGE TOP