「新章パリ・オペラ座 特別なシーズンの始まり」

© Ex Nihilo – Opéra national de Paris – Fondation Rudolf Noureev – 2021

コロナ禍で失われた劇場文化はいかにして蘇るのか?

 

監督:プリシラ・ピザート
配給・ギャガ
公開:2022年8月19日(金) Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開
公式サイト:https://gaga.ne.jp/parisopera_unusual/

 【ストーリー】
2020年、コロナ禍の世界から劇場文化が消えた。バレエの殿堂パリ・オペラ座も例外ではない。ようやく劇場が再開された時、久しぶりに集まったダンサーたちは踊れる喜びを感じる一方、これまでにない恐怖にさいなまれる。「体力が回復するか」「技術が前のレベルに戻るのか」「思い切りジャンプできない」―ところが、講師たちが彼らにかけた言葉は、意外なものだった。

【みどころ】
パリ・オペラ座は、これまでダンサーに対し、厳格なまでに「完璧」を求めてきた。技術だけでなく、容貌・体型・骨格に至るまで。そんなオペラ座の講師たちが、今回は「ゆっくり」「怪我をしないで」と提案。辛口は影を潜め「大丈夫」「できている」「完璧を求めなくていい」と褒めまくるではないか。その姿には、心底驚愕した。
コロナ禍でも、狭い部屋の中でストレッチやバーレッスンを欠かさなかったダンサーたち。それでもジャンプは「近所を憚って大きな音を出せなかった」と躊躇したそうだ。何より、狭い空間では難しいだろう。辛かっただろう。
オペラ座は知っている。ダンサーこそがバレエの未来を作るのだと。観客の声援がいかに重要かも身に染みる結末に注目だ。稽古場の様子や、再開第一弾となる「ラ・バヤデール」本番の舞台映像が満載。アマンディーヌ・アルビッソン、レオノール・ボラック、ヴァランティーヌ・コラサント、ドロテ・ジルベール、リュドミラ・パリエロ、パク・セウン、マチュー・ガニオ、マチアス・エイマン、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、ポール・マルクなどのパフォーマンスを大画面で観ることができる。コールド・バレエの面々の本音も語られ、バレエ好きにはたまらない。

【初出:Wife400号 2022年8月、加筆の上公開 文/仲野マリ

 

 

「島守の塔」

関連記事

  1. 「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」

    学芸員の「プレゼン」が圧巻! きっとあなたも絵が好きになる監督・編集・録音:フレデリック・ワイズ…

  2. 「シチズンフォー」

    気骨のドキュメンタリー監督が支えたスノーデン事件の一部始終製作総指揮:スティーヴン・ソダーバーグ…

  3. 「サムライと愚か者-オリンパス事件の全貌-」

    「見えない障壁」があぶり出すムラ社会・日本の愚鈍と愚直監督・編集:山本兵衛企画:チームオクヤ…

  4. 「マン・オン・ワイヤー」と「ザ・ウォーク」

    NYの摩天楼で綱渡りをした男監督:ジェームス・マーシュ配給:エスパースサロウ公式サイト:…

  5. 「アポロ11 完全版」

    発掘された未公開映像がリアルすぎる! 世紀の9日間を体感する生還までの90分監督・編集・プロデュ…

  6. 「筑波海軍航空隊」

    埋もれていた特攻の真実を集めて~「俺もあとから」と言った上官が行ったためしはない!~…

  7. 「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」

    「書庫」から進化する知の殿堂と「公共」の旗印監督・製作・編集・音響:フレデリック・ワイズマン…

  8. 「バンクシーを盗んだ男」

    壁の落書きが1億円? ストリートアートは誰のものか監督:マルコ・プロゼルピオナレーション:イ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の映画レビュー

PAGE TOP