「花筐/HANAGATAMI」

逝く人、残る人。戦争前夜の青春の輝きと、やり場のない悲しみ。

極彩色の思い出を、形見の花かごに乗せて

監督:大林宣彦
脚本:大林宣彦/桂千穂
配給:新日本映画社
公開:2017年12月16日
公式HP:http://hanagatami-movie.jp/

【あらすじ】
1941年の春、榊山俊彦(窪塚俊介)は唐津浜大学予科へ入学し、そこで個性的な級友と出会う。健康的で美しい肉体と芯の強い精神を持った鵜飼(満島真之介)、斜に構えた態度で虚無僧のような吉良(長塚圭史)。ふたりの級友の大人びた雰囲気への憧れ、そして叔母・圭子(常盤貴子)の義妹である美那(矢作穂香)への淡い恋心……俊彦は、唐津の町で青春を謳歌していた。その一方で俊彦の周りの男たちに、赤紙が届き始める。太平洋戦争開戦への足音は、着々と近づいていた。

【みどころ】
近い未来に訪れるだろう美那の死、男たちに届けられる赤紙ーこの物語には常に、死の予感が影を落としている。原作は檀一雄の小説。彼が徴兵直前に出版した本作は、戦争前夜の緊張感の中、いよいよ輝く青春の日々を描いている。世界は戦争へと向かっているのに、俊彦の日常は絵空事のように楽しく鮮やかだ。遠近感を崩すように合成処理が施された背景は、非現実感を強調する。
鵜飼は「生の象徴」と形容されるが、その対極にいる「死の象徴」であるのがヒロインの肺病の少女・美那だ。残り短い命を波風立てず終わりにするため、彼女は淡く芽生えた恋心を諦め、誰にも話すことのできない死への恐怖を一人抱える。表立って反戦の声を上げることのできなかった時代、抗うことのできない美那の短い人生は、兵士の未来とも重なる。
「花筐」はもともと世阿弥の能の作品名で、自分のもとを去った最愛の皇子を追って都に上る女性・照日の前の物語である。皇子から別れの品として贈られたのが花筐(花かご)だ。狂女となった照日の前は、幸せだった日々の形見である花かごを携え、舞を舞うことで男の心を取り戻す。映画の中でも叔母・圭子が舞を舞うシーンがあるが、それで戦争に散った夫が帰って来ることはない。そして圭子は、狂うこともできない。死にゆく者の恐怖と諦念とともに、物語に通底するのは残された者・残される者の、やり場のない悲しみだ。
大切な人がいることで世界は極彩色に彩られる。その色鮮やかな世界を奪う戦争は、なんと愚かで理不尽か。大林監督が映画化を企画してから40年、戦争や核の影が濃くなる現代にこそ見るべき、反戦のメッセージだ。

【文/金尾真里

「タリ―と私の秘密の時間」

「泣き虫しょったんの奇跡」

関連記事

  1. 「水曜が消えた」

    火曜日しか生きられない男が知った「水曜日は蜜の味」 監督・脚本・VFX:吉野耕平配給:日活…

  2. 空母いぶき

    攻めるか、守るか? 国を愛する誇り高き自衛官の決断【監督】若松節朗【原作・監修】かわぐちかい…

  3. 「HOKUSAI」

    プライドも常識も打ち破れ!UKIYOEを芸術にした男たちの気概監督:橋本 一配給:S・D…

  4. 「ギャングース」

    “普通の生活”を夢見る被虐児たち 命がけの「タタキ」がもたらす未来は監督:入江悠 原作:「ギャン…

  5. 「北の桜守」

    いつか満月の夜に桜を見よう! 家族の約束は生きる希望となる監督:滝田洋二郎舞台演出:ケラリー…

  6. 『人間失格 太宰治と3人の女たち』

    太宰文学のミューズになるのは誰か? 彼を取り巻く女たちの狂気と愛情監督:蜷川実花配給:松竹、…

  7. 「海辺の映画館 キネマの玉手箱」

    大林宜彦、82 歳の反戦映像レボリューション監督:大林宣彦配給:アスミック・…

  8. 「イン・ザ・ヒーロー」

    アクション大好き人間に贈るスーツアクターの夢と現実監督:武 正晴脚本:水野敬也 李 鳳宇…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の映画レビュー

PAGE TOP