「ベネシアフレニア」

© 2021 POKEEPSIE FILMS S.L. - THE FEAR COLLECTION I A.I.E.

エッジーな狂気と笑いで描くヴェネチア観光案内
〜バチェロッテパーティーの夜、友人は消えた


監督/脚本/プロデューサー:アレックス・デ・ラ・イグレシア
制作:スペイン
第34回東京国際映画祭ワールドフォーカス部門参加
共催:ラテンビート映画祭
公式サイト:https://2021.tiff-jp.net/ja/lineup/film/3404WFC03

 【ストーリー】
スペインの若者たちがヴェネチアに着いた。ヴェネチアのカーニバルの中で結婚式を挙げるクラウディアとそのきょうだい友人一行だ。出迎えたのは「観光公害」に反対するデモ隊。しかし乗った小舟にはヴェルディのオペラ「リゴレット」の道化に扮したコスプレ男も乗船し、気分はノリノリ。新郎は仕事で合流が数日遅れるというので、クラウディアは独身最後の旅をヴァチェロッテパーティーよろしく思い切り羽目を外す。昔の貴族の恰好でヴェネチアを闊歩すれば、まるでタイムスリップしたかのよう。しかし泥酔し所かまわず大騒ぎする彼らに、地元の人たちの目は冷たい。一夜明けると、弟の所在がわからなくなっていた。「そのうち帰ってくるだろう」と思っていたが、友人たちは一人、また一人と消えていく。そして運河に、死体が上がった。彼らはヴェネチアの古い扉を開けてしまったのか? 悲劇はこれだけでは終わらなかった。

【見どころ】
ヴェネチアのカーニヴァルという、都市全体がテーマパークのような時期をロケーションとした、楽しい観光案内と思いきや、テンションの高いバカ騒ぎから一転謎の連続殺人事件、というジェットコースターストーリー。「笑い」と「恐怖」とが一瞬で切り替わり、そのスピード感に翻弄される。カーニヴァルのコスプレ衣裳が豪華絢爛。その中であちこちに出没する「道化」の不気味な存在感。これが、単なる「殺人鬼」ではなく、21世紀の秘密結社にまでつながっていくところが一筋縄ではいかないところだ。そこに「ヴェネチア」という土地に刻まれた数々の歴史があり、観光が負の遺産として積み重なる現在の状況も重なる。世界遺産となっているヴェネチアの古い建物の内外が殺人現場になっているところから、ゴシックホラー的なおどろおどろしさが増幅される。
冒頭のタイトルやクレジットのデザインから、これが1960年代の「ジャッロ」映画のオマージュであることがうかがい知れる。「ジャッロ映画」とは、過度の殺人や狂気をスタイリッシュに描いた作品群の総称で、「黄色(ジャッロ)の表紙」の雑誌からくるという。
それにしても、「わきまえない観光客」と「それをよく思わない地元民」という構図は、洋の東西を問わずいるのだなとつくづく感じた。

「洞窟」

「スワン・ソング」

関連記事

  1. 「グランドピアノ ~狙われた黒鍵~」

    諧謔と欲望の「キー」を突き止めるのは誰だ?監督:エウヘニオ・ミラ配給:ショウゲート封切:…

  2. 「名もなき生涯」

    農夫の良心を踏みにじるのはナチか?隣人の同調圧力か?監督・脚本:テレンス・マリック配給:ウォ…

  3. 「エリック・クラプトン―12小節の人生―」

    赤裸々告白とアーカイブ映像で綴る、ロック&ブルースの決定版クロニクル監督:リリ・フィニー・ザナッ…

  4. 「オマージュ」

    「女性」映画監督の矜持と苦悩、今も昔も監督/プロデューサー/脚本:シン・スオン制作:韓国…

  5. 『トールキン 旅のはじまり』

    この友情と愛、死の影と希望が「指輪物語」を生んだ!監督:ドメ・カルコスキ配給:20世紀フォッ…

  6. 「キツツキと雨」

    「キツツキと雨」

    木こりオヤジ、ゾンビ映画に出る監督:沖田修一配給:角川映画公開:2012年2月11日より全国ロ…

  7. 「ある詩人」

    固有の言語が消える時、文化は? 民族の存在意義は?監督:監督:ダルジャン・オミルバエフ制…

  8. 「列車旅行のすすめ」

    妄想と現実をループする迷宮列車 あなたは降りることができるか?監督:アリツ・モレノ原作:…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の映画レビュー

PAGE TOP