「水曜が消えた」

©️2020『水曜日が消えた』製作委員会

火曜日しか生きられない男が知った「水曜日は蜜の味」

 監督・脚本・VFX:吉野耕平
配給:日活
公開:2020年6月19日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
公式サイト:http://wednesday-movie.jp

 

ストーリー
「僕」(中村倫也)は16年前、事故をきっかけに7つの人格が生まれ、朝起きると毎回人格が入れ替わるようになってしまった。そのため「火曜日の僕」は火曜日しか生きられない。医師・安藤(きたろう)に見守られながら、この16年を綱渡りのようにして生きてきた。「火曜日の僕」は几帳面だが、「月曜日の僕」は破天荒。そのため月曜の尻ぬぐいを火曜がするハメになる。そんなことより悔しいのは、一度入ってみたい図書館が火曜定休なことだ。ところが、ある朝目覚めるとなぜか水曜日! 初めて体験する「2日生きられる人生」は輝きに満ちていた。

 見どころ
多重人格を扱ったドラマや小説は多々あるが、その多くはトラウマなど精神的な原因があるものがほとんどだ。だが本作は原因よりも、「火曜日しか生きられない男」という状況に重きを置き、自分の知らないところでもう1人(正確にはもう6人)の責任を引き受けなければならない人生を淡々と生きる青年を描き、7つの人格を持ちながら16年生きた「奇跡」から逆算する「僕」の幸せを深く考えさせる。
医療者からすれば、多重人格という「病気」の治療のゴールは「人格の統一」と考えがちだが、7人の「僕」がそれぞれに考え、感じ、「僕」らしく生きている状況で、誰か1人に「統一」することが本当のゴールなのか、という問題提起が新しい。同じ医師でも見方を変えて安藤(きたろう)と新木(中島歩)を描いている。
「火曜日の僕」の正体を知る幼なじみの女性・一ノ瀬(石橋奈津美)、多重人格であることを知らずに「僕」に好意を寄せる図書館司書の女性・端野(深川麻衣)の役割にも注目したい。

*本作は2020年5月15日封切の予定だったが、世界を呑み込んでまだ収束の目処がつかない新型コロナウィルスの感染拡大を受け、公開日が延期され、このたび6月19日に決定、無事公開した。

「海辺の映画館 キネマの玉手箱」

「剣の舞〜我が心の旋律〜」

関連記事

  1. 「海辺の映画館 キネマの玉手箱」

    大林宜彦、82 歳の反戦映像レボリューション監督:大林宣彦配給:アスミック・…

  2. 「望み」

    加害者か被害者か? そのとき親が祈ることは監督:堤幸彦原作:「望み」雫井脩介(角川文庫刊)…

  3. 『カメラを止めるな!』

    ゾンビ撮りがゾンビに!?廃墟の中でカメラが捉えたものは...?監督・脚本・編集:上田慎一郎製…

  4. 「サンブンノイチ」

    「這い上がりたい男たち」の一発逆転は成功するか?監督: 品川ヒロシ配給: KADOKAWA …

  5. 『人間失格 太宰治と3人の女たち』

    太宰文学のミューズになるのは誰か? 彼を取り巻く女たちの狂気と愛情監督:蜷川実花配給:松竹、…

  6. 「海街diary」

    なぜ三姉妹は、腹違いの四女を受け入れたのか監督・脚本:是枝裕和原作:吉田秋生 配給:東宝…

  7. 「ギャングース」

    “普通の生活”を夢見る被虐児たち 命がけの「タタキ」がもたらす未来は監督:入江悠 原作:「ギャン…

  8. 「blank13」

    失踪13年。息子の知らない親の顔〜斎藤工が長編映画監督に初挑戦〜監督:齊藤工原作:はしも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の映画レビュー

PAGE TOP