「関ヶ原」

©︎2017「関ヶ原」製作委員会

天下分け目の6時間が
戦争の緊張と理不尽をあぶり出す

 監督・脚本:原田眞人
原作:司馬遼太郎(「関ケ原」)
配給:東宝=アスミック・エース
公開:8月26日(土)より全国ロードショー
公式サイト:http://wwwsp.sekigahara-movie.com/

【ストーリー】
慶長5年(1600年)秋、石田三成(岡田准一)は軍師とも頼む猛将・島左近(平岳大)を連れ、関ヶ原一体の地形物見に出ていた。豊臣秀吉(滝藤賢一)の死後、徳川家康(役所広司)は幼い秀頼公を無視し、勢力を伸ばす。三成は「義」を唱え、この地の戦いで一気に流れを引き戻そうと士気は高い。しかし豊臣恩顧の武将たちは次々と徳川率いる東軍へ。豊臣の血筋にあたる西軍の小早川秀秋(東出昌大)も、心揺れていた。

【みどころ】
司馬遼太郎の原作に惚れ込んだ原田監督が、25年の月日をかけて熟成した複眼の政治ドラマ・人間ドラマである。俳優陣は実力派揃い。中でも島左近を演じる平が魅力的だ。岡田扮する三成のまっすぐすぎる理想主義を支えながら、すでに瞳は悲劇を予感している。小早川の東出も、19歳で「決断」を迫られる参加中最年少武将の苦悩を、ほとばしる激情で好演。秀吉の才気と老醜を不気味に体現した滝藤や、時代劇初とは思えぬ所作と気迫で伊賀者の女・初芽を演じきった有村架純も印象深い。血まみれで命を散らす武者らと、無傷で智略を巡らす本陣の家康と。まさに戦争は老人が始め、おっちゃんが命令し、若者が死ぬ。戦争の真実がここにある。

【初出:Wife380号 2017年8月 文/仲野マリ)

「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」

関連記事

  1. 「カツベン!」

    サイレント映画からトーキーへ   進化する映画と弁士の気になる行方監督/脚本:周防正行脚本・…

  2. 「探偵はBARにいる3」

    コメディ&ハードボイルドで綴る、或る女の壮絶人生監督:吉田照幸配給:東映公開:2017年…

  3. 「孤狼の血」

    刑事と暴力団の歪な関係に隠された秘やかな正義監督:白石和彌原作:柚月裕子配給:東映(R1…

  4. 『カメラを止めるな!』

    ゾンビ撮りがゾンビに!?廃墟の中でカメラが捉えたものは...?監督・脚本・編集:上田慎一郎製…

  5. 「ビブリア古書堂の事件手帖」

    一冊の本と鎌倉の街がうつしだす 50年前の叶わぬ恋作品名: 監督:三島有…

  6. 「坂道のアポロン」

    鍵盤とドラムがつないだ孤独を分け合う“魂の双子”監督:三木孝浩配給:東宝=アスミック・エース…

  7. 「アゲイン」

    「甲子園」という人生の魔物監督・脚本:大森寿美男原作:重松清「アゲイン」 配給:東映 …

  8. 「blank13」

    失踪13年。息子の知らない親の顔〜斎藤工が長編映画監督に初挑戦〜監督:齊藤工原作:はしも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP