「リリーのすべて」

©2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

夫が女性になっていく・・・そのとき妻は?

監督:トム・フーパー
配給:東宝東和
公開:3月18日、 TOHOシネマズ他にて全国ロードショー、R15+
公式Twitterサイト:https://twitter.com/lili_movie

【ストーリー】
コペンハーゲンに住むヴェイナー夫妻は画家同士。内気なアイナー(エディ・レッドメイン)は風景画家として新進気鋭、社交的な妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)は人物画を得意としていた。ある日絵のモデルが来られなくなって困ったゲルダは、体つきが華奢な夫に、脚だけモデルになってと代役を頼む。ストッキングに脚を通し、ドレスを胸にあてた瞬間、アイナーの全身に衝撃が走った。内なる「リリー」が動き始めたのだ。

【みどころ】
今から80年以上前、まだ安全性の確立しない性別適合手術を世界で初めて受けたリリー・エルベの実話に基づく物語だ。同性愛への偏見も強くトランスジェンダーやLGBTQなどの言葉もない時代。自らも世間体に縛られ性別違和の現実に打ち震えつつも、やがて自分らしく生きたいと走り出すリリーを、レッドメインがうつむき加減の面差しや繊細な眼の動きで好演する。苦悩するのは本人だけだはない。「夫」が男でなくなる妻の衝撃はいかばかりか。しかしゲルダは「リリー」の存在を認め、姉妹のように寄り添い支える。寄り添いながらも「わが夫アイナー」が消えていく寂しさを振り払えない辛さ。人間として人間を愛するとは? ゲルダの愛の形に感服する。

【初出・Wife374号 2016年2月 文/仲野マリ】

 

「1001グラム ハカリしれない愛のこと」

「シチズンフォー」

関連記事

  1. 「海辺の家族たち」

    高台に築いた見晴らしの良い家に宿るフランス版「新しき村」の理想と終焉監督・脚本:ロベール・ゲ…

  2. 「プロミスト・ランド」

    シェールガス試掘権に揺れるカントリーサイド農家の誇りと不安をえぐるマットデイモンの問題作監督…

  3. 「スターリンの葬送狂騒曲」

    あなたは究極の“忖度”が生んだ恐怖政治を、笑い飛ばせるか?監督:アーマンド・イヌイッチ配給・…

  4. 「イヴ・サンローラン」

    天才が繰り出す革新的ファッションの光と影監督:ジャリル・レスペール脚本・脚色:マリー=ピエー…

  5. 「ナチス第三の男」

    大物を殺せば戦争は終わる? 緊迫の暗殺とさらなる悲劇監督:セドリック・ヒメネス原作:…

  6. 「愛して飲んで歌って」

    3組の夫婦と1人の男が織りなす熟年恋愛の寓話監督:アラン・レネ原案戯曲:アラン・エイクボ…

  7. 「ラスト・ナイツ」

    「忠臣蔵」に人類共通の騎士魂を見る監督:紀里谷和明配給:KIRIYA PICTURES/…

  8. 「1001グラム ハカリしれない愛のこと」

    どんなハカリがあれば、人生の重みを比べることができるのだろう?監督/脚本/製作:ベント・ハーメル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の映画レビュー

PAGE TOP