menu

「グランドピアノ ~狙われた黒鍵~」

©NOSTROMO PICTURES SL / NOSTROMO CANARIAS 1 AIE / TELEFONICA PRODUCCIONES SLU / ANTENA3 FILMS SLU 2013

諧謔と欲望の「キー」を突き止めるのは誰だ?

監督:エウヘニオ・ミラ
配給:ショウゲート
封切:3月8日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー
公式サイト: http://grandpiano-movie.jp/

【ストーリー】
トム・セルズニック(イライジャ・ウッド)は5年ぶりのコンサートに向っていた。有名女優の美人妻・エマ(ケリー・ビシェ)も、この日の復活を待ち望んでいた。コンサートは、トムの師匠であり鬼才と呼ばれたパトリックの追悼のためのもので、用意されたグランドピアノはパトリックの遺品。通常より黒鍵が多い特殊な代物である。かつてパトリックに並ぶ天才と言われながらこのピアノを弾いて失敗し、それ以来ステージ恐怖症になったトム。もう一度失敗したら、もう後がない。そんな状況で、彼は意を決して弾きはじめる。が、演奏が進み楽譜をめくると、そこにはありえない走り書きが!「一音でも間違えたら、お前を殺す!」「助けを読んだら眉間を撃ち抜く!」恐ろしい緊張の中で1曲弾き終えたトムに、姿の見えない脅迫者は、5年前に失敗した難曲「ラ・シンケッタ」を弾くよう要求する。

【みどころ】
監督のエウヘニオ・ミラが音楽家でもあることから、コンサートの描写に手抜きがない。特に、イライジャ・ウッドのピアニストぶりが見事である。ただ、音楽や芸術を追求した映画ではなく、あくまで「謎」を追いかけるサスペンス映画。主人公がいかに危機をかいくぐり、崖っぷちから這い上がっていくか、謎の脅迫者の要求にどうこたえていくのか、脅迫者の魔の手から、妻は、友人は、守られるのか。コンサートという限られた時間と空間で行われる駆け引きでスリル、スリルの連続を切り抜けるうち、トムは自信を取り戻していく。そして、本当の主人公は「グランドピアノ」。その中に仕掛けられた知性と欲望の「キー」が、最後の最後に姿を現す。

【初出:仲野マリの気ままにシネマナビonline 2014年3月21日(再録に際し加筆修正)】

「ラヴレース」

ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ」

関連記事

  1. 「箱」

    使う側になるか使われる側になるか? 少年が見たそれぞれの地獄監督:ロ…

  2. 「リリーのすべて」

    夫が女性になっていく・・・そのとき妻は?監督:トム・フーパー配給:東…

  3. 「イヴ・サンローラン」

    天才が繰り出す革新的ファッションの光と影監督:ジャリル・レスペール脚…

  4. 「剣の舞〜我が心の旋律〜」

    ハチャトゥリアンが「剣」に込めた、初恋と望郷と音楽への情熱監督・脚本:ユ…

  5. 「愛して飲んで歌って」

    3組の夫婦と1人の男が織りなす熟年恋愛の寓話監督:アラン・レネ原…

  6. 「スターリンの葬送狂騒曲」

    あなたは究極の“忖度”が生んだ恐怖政治を、笑い飛ばせるか?監督:アーマン…

  7. 「ヴェラは海の夢を見る」

    夫が死んでわかった「遺産は全部甥のもの」の理不尽監督:カルトリナ・ク…

  8. 「クライ・マッチョ」

    21世紀の老カウボーイ、古き良きアメリカの夢を見る監督/製作:クリン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP