ゲキ×シネ「蒼の乱」

Ⓒ2015 ゲキ×シネ『蒼の乱』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線

平安のゲリラ戦士・将門御前が背負った夢

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ
封切: 5月9日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.aonoran.com/

【ストーリー】
渡来の女性・蒼真(天海祐希)は国家大乱という不吉な占いをして追われているところを、坂東武者の将門小次郎(松山ケンイチ)に助けられる。故郷の平和と安定を純粋に夢見る小次郎。そこへ西海で暗躍する伊予住友(粟根まこと)が現れ「東西同時に蜂起して都を脅かそう」と小次郎に持ちかけてきた。蒼真に不安がよぎる。彼女には、故国での蜂起に失敗し、仲間の大半を失うという辛い過去があった。

【みどころ】
今年創立35周年を迎える劇団☆新感線。重厚なテーマでありつつスピーディーな殺陣やコミカルな場面、華やかなミュージックシーンを織り交ぜた舞台は、若者中心に絶大な支持を得ている。そのライブ感を損なうことなくフィルムに収めたのが「ゲキ×シネ」だ。今回は、平安中期に起きた平将門の乱・藤原純友の乱をモデルに、中央政治に蹂躙される辺境の民や渡来人たちの運命を描く。宝塚OG天海祐希による元男役ならではの凛々しい演技は輝くばかりだ。天皇とアイヌの族長の二役を演じた平幹二朗は、不満分子を巧妙に操り、分裂・弱体化させる政治家のいやらしさを際立たせた。そうした「権力」サイドの手練手管にまんまとのってしまう純朴かつ単細胞の将門小次郎の憎めなさを松山ケンイチが好演。誇りか、生活か。勝利か、命か。「テロとの戦い」が叫ばれる今だからこそ、とりわけ心に響く歴史ファンタジーである。

【初出:Wife371号 2015年5月 文/仲野マリ】

「百日紅-Miss Hokusai-」

「駆込み女と駆出し男」

関連記事

  1. ゲキxシネ「阿修羅城の瞳2003」

    劇団☆新感線35周年記念デジタルリマスター版惹かれあう男と女の横顔に潜む鬼の影作: …

  2. ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ」

    大物ゲスト三浦春馬のダンスと歌がうますぎてツボ!作:中島かずき演出:いのうえひでのり作詞…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP